螺鈿細工を堪能できる キャップレス螺鈿

リピートする文房具って何かな、というタイムラインの投稿を書く時に考えてから、またリピートに気づきました。キャップレスシリーズ。

  
 なにこのパイロット押し感は、というところですがたまたまです。笑
以前こちらのキャップレス

 
ノック式の万年筆 キャップレス | STATIONERY RESTAURANT

をご紹介しまして、万年筆が身近になる名品だということをお伝えしました。

以前の記事をいちいちクリックして見るのが面倒な方に簡単に説明しますと、まあ「キャップレス」その名の通りキャップのない万年筆です。

キャップをいちいち取るのが面倒という方もいらっしゃいますがキャップレスはキャップがないうえにノック式なので片手でさっと使えるのです。便利。

今回のキャップレスは、、、螺鈿細工。

  
螺鈿細工とは貝の内側を薄くスライスして並べるもので、このキャップレスは漆のうえに螺鈿細工を施しているなんとも贅沢な一品。

柄は三種類、写真の螺鈿ブラックの他、螺鈿水面、螺鈿ストライプがあります。
インクは同社のインク「色雫シリーズ 月夜」を入れました。

  
またこの月夜も美しい。時間が経った時の色がまたいい。

コンバーター、カートリッジ両用式です。(コンバーターとはインク瓶からインクを吸い上げる機械のこと、カートリッジはインクが充填されている万年筆に直接さして使うボールペンでいうインクリフィルのようなもの)

¥50000+税とお値段ははりますがもう夢心地になれます。眺めているだけで幸せです。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

PILOT

キャップレス 螺鈿ブラック 細字

¥50000+税

18kペン先

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

*当サイトでは写真の無断転載をお断りしております。ご利用の際は事前にコンタクトフォームからご連絡をお願いいたします。なお、ご利用に関してお断りすることもございます。予めご了承くださいませ。

2015.6.5

MISATO KAN

文具ソムリエール。毎日の生活をちょっと楽しくする文房具を紹介します。 文房具に詳しくない方、大歓迎です。 コラム連載中「ブングスキー」「一筆館」 ~メディア出演履歴~ CLEA、販促会議、日経ウーマン、DIME、日本テレビ「スッキリ!!」、TBSテレビ「マツコの知らない世界」etc