高級筆記具の買い方

20131118-204751.jpg

本日の文具はエステーデュポンのクラシック ボールペン イエローゴールド。
入社前に勇気を振り絞って買ったボールペンです。
名前も入れてもらいました。
ボールペンの芯とシャープペンのメカがついてきて、どちらにも付け替えられるもの。
雑に扱いすぎて傷だらけになってしまいましたが、今も好きな一本です。

さて、今回は「高級筆記具の買い方」。
高級筆記具を買いに行く時って緊張しますよね。
お店に行く時は漠然とおすすめありませんか?と聞くよりも気になったものをいくつか出してもらうほうがいいですよ。

先に予算を言うとその価格帯の物しか試せないこともあります。
デザインが気になるものを試してみれば、店員さんも好みを汲み取って奥から物を出してきてくれることもあります。
筆記具は全てが店頭に出せていないことがありますので。

また、普段スーツならばスーツで。デニムならデニムで買いに行くべきだと思います。
特に私は時計とペン、アクセサリーとペンのバランスを見ておすすめすることもあります。
その筆記具を一番よく使うだろう状況の格好で行きましょう。

さらに悩んで決められない時は異性で素敵だなと思う店員さんの意見を聞いてみましょう。
男性が持つには少し女性的な印象があるのでこちらよりもこちらのほうがおすすめです、とか、単純にどちらが自分に似合うか見てもらえます。

そしてあれこれ考えすぎて書き心地のよさを軽んじないようにしてください。
筆記具はあくまで筆記具なのでコレクターデビューするつもりでないならばきちんと使えるものを選びましょう。

最後に、お願いです。
インターネットで買うつもり、でも実際に書いてみたいからお店に行く、という人もいるでしょう。
その時は気になった商品名はメモしてから行ってくださいね。
目の前で⚫︎mazonや⚫︎天のページを開いて聞かれると悲しい気持ちになるのです。
そしてせめてインクやコンバーターだけでもそのお店で買って「ありがとう」と一言言ってください。

サービスはただです。どこで買うかも自由です。

それでもお願いします。

MISATO KAN

文具ソムリエール。毎日の生活をちょっと楽しくする文房具を紹介します。 文房具に詳しくない方、大歓迎です。 コラム連載中「ブングスキー」「一筆館」 ~メディア出演履歴~ CLEA、販促会議、日経ウーマン、DIME、日本テレビ「スッキリ!!」、TBSテレビ「マツコの知らない世界」etc

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です