ピンクゴールドに一目惚れ カランダッシュ ブリュットロゼ 849

限定品のカランダッシュ ボールペン買ってしまいました。   

  

849のブリュットロゼ ピンクゴールド。

以前、大学の友人がお土産で買って来てくれたETH(スイスの大学)限定の849旧タイプがあるのですが、もったいなくてなかなか使えず。

今回はしっかり使おうと購入しました。

アウロラのスタイルと悩んだのですが、細身と「ピンクゴールド」に惹かれました。

このペンのグッとくるポイントはこのクリップ。

  
横から見たこの角度。

ノック部のてっぺんからクリップ根元までの距離が一般的なボールペンよりも長いのも気に入っています。

  
上から見たこの角度もいい。

 
ケースもゴージャス。

黒がピンクゴールドを引き立たせます。


私の勝手なイメージですが、ピンクゴールドはなんだか女性の特権のような気がして好きです。

849シリーズはノックの感触がシャクッという独特なもので、ノック音もかすかにする程度。これもまた癖になります。

ボディは限定色、柄がよく出ているので集め始めると終わらない気がして手が出せませんが、毎回かっこういいんですよね。

私は以前ゼブラ柄を買ってなくしていますので、このロゼと友人にもらったETH限定版は無くさないよう大事にとっておきます。

849シリーズの話をするときに外せないのが替えの芯について。

「ゴリアット」というこの芯は筆記距離(書ける距離)がなんと約8km。

ボールペンの筆記距離の目安は約1.5kmと言われていますので、いかに長いかよくわかりますね。

海外ブランドのボールペン替芯は国内ブランドのものより高額(¥800〜1200くらい)なのですがここまで長く書けるとわかれば高いよ!と言わずに買えます。

替芯をいちいち買いにいくのは面倒という方にもおすすめ。

この筆記距離の長さはもちろん、独特なノック感触、多くの人に感じてほしいです!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

カランダッシュ(スイス)

849シリーズ ブリュットロゼ ボールペン

¥5000+税

 

MISATO KAN

文具ソムリエール。毎日の生活をちょっと楽しくする文房具を紹介します。 文房具に詳しくない方、大歓迎です。 コラム連載中「趣味の文具箱」他 ~メディア出演履歴~ GetNavi、GoodsPress、日経woman、日本テレビ「スッキリ」、「ズームイン!サタデー」他