JACQUES HERBIN(ジャック・エルバン)期間限定ポップアップショップに行ってきました。

3/14~5/14の間、銀座伊東屋(G.Itoya)7階で展開されているジャックエルバンコレクションを見に行ってきました。

7階は紙の竹尾が入っている階で紙もののイベントが多かったように記憶しているので今回のラインナップを見ると意外な印象です。

ジャック・エルバンは昨年2017年末にお披露目となったエルバンの高級ライン。
現在はパリの老舗百貨店ボンマルシェとここG.Itoyaでしか購入できません。

エルバンと言えば、レター用品が有名ですがジャック・エルバンコレクションはレター用品だけではありませんでした。

まずは万年筆、ローラーボール。

ボディに3種類の素材を使った筆記具です。
手前からレジン製のSLOOP(スループ)スチールペン先、メタル製のCLIPPER(クリッパー)チタンペン先、木製のCARAVELLE(キャラベル)18金ペン先。全て船の名前です。

こちらはSLOOPのブラック。

軽くて安価(とはいっても¥32,000+税)でパリの百貨店ではこのシリーズが最も人気だそうです。

続いて、インク!(全10色+ラメ入りインク1色、インク瓶、カートリッジ、小瓶入りの三種類)

手前の箱入りになっている細長い小瓶は「インクコフレ」。15mlのインクが5色入っています。(¥7800+税)
香水のようで格好いい。(でも使う時には倒れないように注意しないといけませんね)
インクの人気は今のところ南のブルーという色だそうです。
今回プレスとして伺ってこのインクをいただいたので後日インクの色はアップします。

さらにノート(全4種)&レター用品(全3柄)!

ノートの名前がいい。左から「旅人」「思想家」「ライター」「アーティスト」。
(旅人:べラム紙65g/㎡(無地)、思想家:べラム紙90g/㎡(無地)、ライター:べラム紙90g/㎡(横罫)、アーティスト:100%コットン125g/㎡)
アーティストは125g/㎡としっかりしているので水彩画にも向いているそうですよ。

最後に革小物!(名刺入れ、ペンケース、ドキュメントポーチ他)

色々ありましたが私はロールペンケースが好きです。(下の写真の左上)
写真を撮ってきたのでこれはまた別途紹介します。

このように、レター用品だけでなく「書く」ことの周辺小物がたくさん。

ショップスペースには紙の竹尾とコラボした試し書きスペースもあり、インクがすべて実際に書いて試せました。

これなら店員さんに声をかけずに試し書きできるから気負わなくていいですね。

ポップアップショップは5/14まで。

私は今回、見に行くだけのつもりが……万年筆を買ってしまいました……!
ぐっときてしまったのです。我慢できませんでした。
この万年筆もまた別で紹介しますね。

とても楽しい空間でしたので、ぜひ期間中に行ってみてください。
場所は伊東屋銀座(G.Itoya)の大きい通りに面している店舗の7階です。

それでは!

※こちらは事前に撮影許可をいただきました。

2018/3/20

※こちらのサイトでは全ての写真、文章の無断転載をお断りしております。

【お知らせ】

★3/24(土)東急ハンズ名古屋店トークイベント「この春注目の文房具」12:00~登壇します!
★4/1,4/8,5/13 新宿 伊勢丹会館 OTOMANA「自分の本を出す!」に登壇します。(要予約)

【インスタライブ配信予定日】
★3/23(金)21:00頃 ロフト渋谷店 文房具フェスティバル会場から
 (閉店後撮影のため、開店中に店舗におりません。イベントもございません。)
★3/24(土)   未定 ハンズ名古屋店 文房具フロアから
 (トークイベントの生配信はございません)

【ご質問投稿ページができました】
@DIMEページ内に文房具の相談投稿ページが開設されました。
今まで当サイトのコンタクトフォームは法人窓口となっていたため個人の方からのご質問を承れませんでしたが、ご質問がある方はこちらに必要事項をご記入の上投稿してください。
お待ちしております!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【最近のお仕事】
過去のお仕事はこちらから。
お仕事のご依頼はこちらから。

MISATO KAN

文具ソムリエール。毎日の生活をちょっと楽しくする文房具を紹介します。 文房具に詳しくない方、大歓迎です。 コラム連載中「趣味の文具箱」他 ~メディア出演履歴~ GetNavi、GoodsPress、日経woman、日本テレビ「スッキリ」、「ズームイン!サタデー」他