文具ミニチュアカプセルトイ vol.3 発売!

文具ミニチュアカプセルトイ(通称文具ガチャ)が発売となりました!
第三弾の今回のラインナップはこちらです。

①ぺんてるくれよん
誰しも一度は使ったことがあるのではないでしょうか。

箱の裏までしっかり再現しています。
いつものバーコードが読めるほどに精密な再現が今回もされています。

②林刃物 アレックス
刃物のまち岐阜県関市の刃物メーカー・林刃物さんのアレックス!
見たことある!となる方も多いこのはさみ、昨年枻出版の書籍の取材で会社にお伺いし、会社の歴史や製造現場を拝見してラインナップに入れたい!と提案しました。


開閉するのがポイントです!(切れません)

③ライオン事務器 No.350N
以前ニチバンさんの小型テープカッターをミニチュア化していましたが、卓上に置くタイプのテープカッターを作りたい!ということでこちらに。
メンディングテープがついているように白いテープがついている再現になっているのが特徴です。

刃の部分の注意書きもしっかり再現!

 

④トーヨー 教育おりがみ
職員室にある文房具をイメージしていて、おりがみを入れたい!やっぱりトーヨーさんのもの!というわけでこちらに。
意外と悩んだのは折り鶴を何色にするのか、でした。

⑤セキセイ クリップボードSSS-3056P
初めて文具ミニチュアに名乗りを上げていただいたメーカーさんとなりました。
セキセイさんからミニチュア次回作に自社製品を!と販売元にご連絡いただいたと伺っています。
今回のコンセプトに合い、やりたいと思っていたクリップボードをミニチュア化しました。

クリップボードのクリップ部分は開閉します!
このクリップボード、元の製品は全10色なので、どの色をミニチュア化するか考えるのが楽しかったです。
また紙の種類をどうするかという検討もしました。

⑥トンボ鉛筆 8900
このタイミングでシリーズに入るとは、と一番驚かれた8900。
私が小学生時代使っていた鉛筆で思い入れのあるものだったのでミニチュア化させていただきました。
実は以前ロフトさんから実際に書けるミニチュア8900が発売されていたので今更かなと思いつつ、
書けないからこそ持ち運べて連れて歩ける!と今回ラインナップに入れさせてもらいました。

こちらも箱の裏までしっかり再現していますよ。

文具ミニチュアカプセルトイ、順次全国の文具店・玩具店・雑貨店などで販売されます。
コンプリートを目指してぜひ集めてみてください!

2020/1/3

MISATO KAN

文具ソムリエール。毎日の生活をちょっと楽しくする文房具を紹介します。 コラム連載中「日経MJ」他多数 ~メディア出演履歴~ GetNavi、日経woman、日本テレビ「ヒルナンデス!」他